IP Messanger もどきを作る前にpingを通す

IP Messangerのようなメッセンジャーツールを作りたいのですが、いきなりUDPのネットワーク通信プログラムを作るのは順番的におかしいので、まずは端末間をpingを通します。

まず、最近購入したMicrosoft Surface にはLANケーブルを指すところがありません。
そのため、ヨドバシカメラでUSBとLANを変換するNW機器を購入しました。
表紙にも記載があるのですが、USB3.0とUSB2.0では転送速度に約14.3倍の速度差があるようです。
趣味レベルなので、正直そんなに思いのは転送しないと思いますが、一応早い方を選んで買いました。


上記機器にはドライバのCD-ROMも梱包されているのですが、Windows10ではインストール不要で直ぐに使用できます。

IPアドレスを固定したいので、IPv4 の設定を変更します。












ここまでやってからスイッチングHUBでつながっているもう1台の端末にpingを送信したところ、Surfaceからはpingの応答があるのですが、もう1台のデスクトップPCからはpingが通りません。

ネットワークがパブリックネットワークになっているためのようでしたので、ネットワークをクリックして、モードをプライベートネットワークに変更します。
(公共WiFiなどに接続していない状態なので。公共WiFiなどに接続している状態ではパブリックネットワークにすべきですが、この変更がどこまで引き継がれてしまうのかは、今の段階では未調査です。こまめにどちらのモードになっているかをチェックして、逆であればインターネットで変更の仕方を調べることをおすすめします。)



これでpingが通るようになりました。

2019-05-06

Searchitec
Copyright © 2019 SITツール工房 All Rights Reserved.